いまどきの中学生のPTA役員って?

わが娘、中3で今年は受験。

娘の通う中学校は、保護者全員が3年間のうち、いずれか1年、PTA役員をしなければいけない。

小学校かっ、とツッコミを入れたくなる。そんなに役員が必要なのかと思うが、総務や広報以外、3年時に役員を希望した人は「応援部」という、PTA活動を応援する部隊に属し、講演会や校外清掃などの行事に積極的に参加しなえればならない。

私は、小学校のときに広報をやっていたので、自ら広報に立候補した。

パソコンもあるし、何とかできるかなと思って。

 

おととい、そのPTA役員の初の顔合わせがあった。

 

部長、副部長を決める初会議。

去年の部長さんから大ざっぱな仕事の内容を聞いたあと、

立候補を募るも誰もいない。(トーゼンだよね)

 

私は部長になりたくないあまり、副部長に立候補し、すんなり決まった。

 

その後だ。

 

結局、「くじ」という公平なもので部長と、あと2つ、記念式典の手伝い係と地域の役員を選出してくれと言われていた。

正直、部長や副部長よりも、式典のほうや、地域役員のほうが活動が多くなる(らしい)

 

くじびきで決まった人の発言にびっくり。

 

「わたしぃ、仕事してるんで」

 

えっと・・・?

みんなしてますけど。

 

そこにいた全員がそう思ったと思うが黙っていた。

第1回目からすったもんだ起こしたくないからだ。

 

まあ、楽しくやっていきたいと思います。

 

だって、PTA役員ができるのも、中学校までだもの。

 

小学校のときも、やっているときは大変だったけど、

思い起こせば笑えることばかり。

 

依頼していた原稿がなくなったとか(汗・・・見つかったけど)

仲良くなった人たちでランチにいったり。

 

中学校は人数が多くなる分、いろんな人がいるなあと思った。

 



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。