アロマテラピーNavi|オイルの知識から資格取得まで

アロマテラピーとは

ホーム > アロマテラピーの基礎知識 > アロマテラピーとは

aroma1.jpg

アロマは芳香、セラピーは療法という意味です。

花や草などの植物から抽出される天然成分の「精油=エッセンシャルオイル」を用いて、心と身体のバランスを整え、人間が本来持っている自然治癒力や抵抗力を高めるものです。

アロマテラピーはリラクセーションやストレスケア、 そして美容や健康維持、疲労回復に役立てることができます。ストレス社会である現代は人はいろいろなストレスに囲まれて生きています。

入浴やトリートメント、セルフスキンケアなど、 アロマテラピーを上手に生活に取り入れることは、 身体と心のバランスを取り戻すのを助ける大きな役割を持っています。

自然のハーブからつくられたエッセンシャルオイルを使って、心身を癒し、バランスを取り戻し、生命力を高める、トータルな自然療法です。 自然の力の素晴らしさを感じ、日々の生活に取り入れてはいかがでしょうか。

さらに近ごろは、脳と嗅覚の関係や、精油の身体に対する作用の研究が進むにつれ、
アロマテラピーの奥の深さも認知され、世界的に愛好者を増やしています


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加