アロマテラピーNavi|オイルの知識から資格取得まで

香りが心身に作用するワケ

ホーム > アロマテラピーの基礎知識 > 香りが心身に作用するワケ
精油の香りが心と体に影響を与える経路は3つあると言われています。

香りの成分は芳香分子で、植物の芳香成分は薬理作用が期待されています。

鼻から脳、そして心身へ


鼻から吸い込まれた香りは、鼻腔を通り嗅上皮の粘膜に溶けて嗅毛に取り込まれます。
それが信号となり、感覚や感情をつかさどる脳の大脳辺縁系に伝わるので、瞬間に「かおり」「におい」として感じるのです。

記憶をつかさどる「海馬」を経由し視床下部へ伝わります。視床下部は自律神経、ホルモン、免疫の働きを調整する役割があります。

鼻から肺、そして全身へ


鼻から入ると同時に気管支から肺に入ります。 肺に入った芳香成分は肺胞という器官の粘膜から血液中に入り、全身をめぐって体の各部に影響します。
また鼻から入ったときに鼻粘膜から吸収され、血液を通って循環します。気管支を通るので、風邪の予防や咳を抑える作用があるんですね。

皮膚から血管、そして全身へ


エッセンシャルオイルはアロマバスやアロママッサージによって皮膚から浸透します。皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の3層構造になっていますが、芳香成分は大変小さい分子のため、化粧品が届かない真皮にまで届きます。
その毛細血管から血液に入り、全身へ影響を与えます。リンパ管にも肺って老廃物の除去を促します。

季節の変わり目やスッキリしたいとき
>>ナチュラルハーブスプレー レスピレーション<<




記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加